バッグクリーニングの平均的な値段をチェックしよう

バッグクリーニングの平均的な値段をチェックしよう

鞄1

お気に入りのバッグだったのに、食事や飲み物をこぼしてしまいシミができてしまった・・、いざ使おうと出したらカビが生えていたという経験を持つ人も、多いのではないでしょうか。自分で落とすことが難しいバッグの汚れは、バッグクリーニングでキレイにすることができます。

素材別の平均相場や、バッグクリーニングを利用する際のポイントをチェックしてみました。

革製バッグの相場をチェック

自分で汚れを落とすことが難しい革製のバッグも、バッグクリーニングを利用すれば、キレイにすることが可能です。バッグクリーニング業者によって、どのような工程で革製のバッグの汚れを落とすかは異なりますが、まずはほこりを取り除き洗剤で水洗いした後、オゾン水で除菌・消臭を行い乾燥という作業で、キレイにするのが一般的です。

値段の相場はバッグの大きさによって異なり、約3000円から1万円程度の金額がかかります。関連資料...鞄クリーニング大阪 - 靴専科

スエードバッグのクリーニングにかかる値段

革製のバッグだけでなくスエード素材のバッグも、自分で汚れを落とすことが難しい素材です。スエード素材のバッグのクリーニングは、クリーニング後はブラッシングを行い、防水スプレーで仕上げるのが一般的な流れとなっています。

料金の目安は約3000円から1万5000円程度です。ただ、色落ちしている場合はバッグをまるごと洗浄して汚れをとった後、「リカラー」といってバッグのカラーに合った染料でカラーリングするケースもあります。リカラーをした場合は追加料金がかかることがあるので、依頼する際は相談しておくことをおすすめします。

布製バッグもクリーニングでキレイにしよう

布製のバッグは汚れの種類によっては自分で洗いキレイにすることもできますが、大切なバッグはプロの手でクリーニングする方が良いでしょう。洋服をクリーニングする感覚で、バッグもクリーニングすることが可能です。

料金の目安は約3000円から1万程度が平均的となっています。通常の汚れであればバッグクリーニングでキレイに落とすことができますが、日焼けによるシミは難しいケースがあるようです。

各業者によって料金の算出方法は異なる

バッグクリーニングの料金は各業者によって算出方法が異なります。算出方法は大きく分けてサイズ比例型・一律型・商品価格型・出来高型の4つに分類されます。サイズ比例型はバッグの大きさ、ブランドや素材、どのような作業を行うかなど項目によって値段が、細かく分かれている算出方法です。

現在、バッグクリーニングを行う業者の多くがサイズ比例型で料金を設定しています。一律型は一定の条件であれば基本料金のみで、クリーニングを受けられるという算出方法です。商品価格型はバッグの商品価格に対して値段が変わる算出方法で、バッグの値段が高くなればなるほどクリーニング料金も上がる傾向にあります。

出来高型はバッグクリーニングの算出方法の中でも、最も値段が高いと言われている種類です。それぞれのバッグの状態に合わせ、適切なクリーニングや修復などを行います。

バッグの状態によって値段が変わるため、1度預けて見積をとってからクリーニングするかどうかを決めることになります。

お手入れ内容を知っておくことも大切

バッグクリーニングを利用する上で値段はもちろん、どのようなお手入れを受けられるかも事前に確認しておきたいポイントです。バッグクリーニングの基本となるのが、クリーニング・染み抜きといった作業になります。バッグの表面はもちろん、持ち手やバッグの内側についた汚れやカビも丁寧に落としていきます。

洗浄だけで落ちないシミ、スレ、色ハゲに日焼けによる変色がある場合、バッグクリーニングを得意としている業者であれば色修正のお手入れも行ってもらうことが可能です。バッグのカラーや素材の風合いに合わせた染料で補修をします。

色補修を行っているバッグクリーニング業者であれば、バッグ全体を染め直してくれるケースもあるようです。カラーに飽きたという場合は、汚れを落とすのと同時にカラーチェンジに挑戦してみてはいかがでしょう。

送料などクリーニング以外の値段も確認しよう

バッグクリーニングにかかる値段はバッグの汚れを落とすだけでなく、送料や撥水加工や消臭加工など他のサービスの値段も比較して、どの業者に依頼するか決めるのもおすすめです。例えば送料1つとってもバッグを発送するときにかかる値段・クリーニング後の返却送料に見積り後クリーニングをしない場合の返却送料など様々です。

クリーニングの値段によって返却する際の送料が、無料になるバッグクリーニング業者もあるようですので、各種送料はチェックしておきたいポイントとなっています。

撥水加工や消臭加工などプラスαの作業も、各バッグクリーニング業者によって異なります。また場合によってはリカラーなど、色落ちを改善する修復作業も必要となるでしょう。基本となるバッグクリーニングの値段は公式サイトをチェックすれば分かりますが、このようなサービスを受ける場合は見積もりを取らないと最終的にかかる値段は分かりません。

面倒と感じるかもしれませんが、見積もりを数社から取って料金を比較してバッグクリーニング業者を選ぶようにしましょう。

ブランドバッグをクリーニングに出す場合

高額なブランドバッグをクリーニングに出すという場合、信頼できるバッグクリーニング業者を選びたいものです。バッグクリーニング業者の技術は大きな差があり、安さだけで選んでしまうとのちのち後悔する事態に陥ってしまうかもしれません。

大切なバッグを一旦は預けることになるので、信頼できるバッグクリーニング業者を選ぶようにしましょう。バッグクリーニング業者によっては、まず見積もりをしてからクリーニングに対応するという所もあります。見積り時にスタッフの対応が良いバッグクリーニング業者であれば、気持ちよくバッグも預けることができますし、スタッフの教育にも目が行き届いている業者である可能性が高いので、バッグクリーニングの技術も高いと考えられます。

クリーニングの事例をチェックするのもおすすめ

「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、言葉ではピンとこないものも自分の目で見て確認すれば、よりリアルに感じることができます。バッグクリーニングもクリーニング事例・ビフォーアフターを確認することで、どのくらいキレイになるかが分かります。

バッグクリーング業者によっては、クリーニング前・クリーニング後のビフォーアフター写真を公式サイトに掲載しているので、依頼する前にチェックしてみてはいかがでしょう。